2019年12月2日 02:01更新

学校歯科健診(美園小学校)

さいたま市緑区東浦和の大谷歯科クリニックです。

 

令和元年10月23日

さいたま市立美園小学校へ

学校歯科健診をおこなって参りました。

 

むし歯のでき方が

テーマパーク8020に

掲載されておりましたので、

抜粋させていただきます。

 

通常、口の中には様々な種類の細菌が数多く住んでいます。この中にはむし歯や歯周病の病原菌も含まれています。特にむし歯の病原菌としては、ミュータンス菌といわれるものがよく知られています(図1)

このミュータンス菌は、私達が食事やおやつなどで摂取する食べ物や飲み物に含まれる糖分を栄養にして増殖し、その際に菌の周囲にネバネバのグルカンというノリのような物質を放出します。これによって歯に強力に付着して、そこでたくさんの細菌の集合体が形成されます(図2)。これが増えて歯の表面の白い汚れとなったものが、プラークというものです(図3、4)

また、この細菌は同時に乳酸も作り出します。そうするとプラークの中は酸性になり、接触している歯の表面のエナメル質は酸によって溶けてしまいます。この現象を脱灰といいます(図5)。この歯が溶ける状態がずっと続くと、ついには穴があいてしまって、いわゆる「むし歯」ができてしまいます。

 


 ▶Blogメニューへ

01:09更新

クリニック・ランチミーティング

さいたま市緑区東浦和の大谷歯科クリニックです。

 

令和元年10月7日

お口の健康相談会後に

スタッフの誕生日祝いを兼ねた

ランチミーティングをおこないました。

 

また、テーマパーク8020のサイトより

高齢者の摂食嚥下の説明が記載されております。

下記に抜粋させていただきます。

 

加齢に伴い、食べること、飲み込むことに必要な筋力が衰えることによって、食べ物を口の中で飲み込みやすい状態にできない、舌で口からのどへ食べ物を送り込めないなどの不具合が生じやすくなります。また、のど仏の位置が下に下がること、飲み込む時にのど仏を持ち上げる筋肉が弱くなることによって、飲み込む時に、気道を閉じるのに必要な分だけのど仏が持ち上げきれず、食べ物が気管に入りやすくなる場合があります。

 


 ▶Blogメニューへ

2019年9月22日 18:23更新

院内ランチミーティング

さいたま市緑区東浦和の大谷歯科クリニックです。

 

令和元年9月19日

株式会社モリタの伊藤さまより

ダイアグノデントペンという

歯科医療機器の説明を受けました。

ダイアグノデントとは低出力のレーザー光を用いむし歯を測定し、

【痛くなく】小さいお子様や妊産婦の方にも安心して使用いただける、

約90%の精度でむし歯を測定する事が可能な装置です。

 

 

 

 


 ▶Blogメニューへ

17:44更新

お口の健康相談会

さいたま市緑区東浦和の大谷歯科クリニックです。

 

令和元年9月10、11日

ヒューマンライフケア武南にて

お口の健康相談会をいたしました。

【RSST 反復唾液嚥下テスト】

簡便にできる嚥下機能の低下を検査する方法です。

30秒間で3回未満の場合は嚥下機能の低下の可能性があります。

三重県歯科医師会口腔機能向上マニュアルより

 

 

 

 

 

 


 ▶Blogメニューへ

2019年8月28日 15:15更新

クリニック・ランチミーティング

さいたま市緑区東浦和の大谷歯科です。

 

令和元年8月19日に

スタッフの誕生日会を兼ねた、ランチミーティングを行いました。

また、埼玉県歯科医師会より

「平成30年度 多職種連携において必要な摂食嚥下障害への対応(4回コース)」

受講終了証も送付され、現在スタッフと摂食嚥下障害等の患者様への対応等を

日々研鑽しております。


 ▶Blogメニューへ

1 / 612345...最後 »

Blogメニュー


記事検索


▶大谷歯科Blogトップへ戻る


▼診療予約・お問い合わせはこちら

TEL:048-875-6830

TEL:048-875-6830


お問合せフォーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加