かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

厚生労働省認定施設

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
大谷歯科クリニックは認定されました。

今までも保険優先で質の高い治療の提供や予防を重視してきましたが、「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定された事で、今まで以上に虫歯の予防や、通院困難な方への口腔内ケアを強化し、お口の機能低下の重症化を包括的に防ぐことが可能になります。また、今まで保険適用外だった予防やメンテナンスにも保険が適用できるようになり、より患者さんにとっても受診しやすい環境となりました。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(か強診)とは


平成28年4月より新設されましたもので、厚生労働省が定めた基準を満たすことで認可を受けることが可能な、地域完結型医療推進を行う歯科医療機関のことです。
ひとりひとりの患者さんへ、生涯にわたり安心・安全な治療を提供するだけでなく、定期的なお口の検診や予防を図ることで、患者さんの健康に寄与することが可能と認められた歯科医院です。

「か強診」に認定されるための条件

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所に認定されるためには、次の条件を満たす必要があります。

  • 複数の歯科医師、1名以上の常勤の歯科衛生士がいること。
  • 医療安全対策、偶発症に対する緊急時の対応・医療事故・感染症対策に係る研修を修了していること。
  • 訪問診療、高齢者の特性を踏まえた口腔機能の向上や管理、緊急時の対応に係る研修を修了していること。
  • 緊急時の対応に必要な体制が整備されていること。
  • 訪問診療、歯周病治療終了後の定期的サポートケア、かぶせ物の維持管理、定期的に患者さんにお口の中の現在の状態を説明していること。
  • 地域で在宅医療を担う連携体制が整備されていること。
  • 滅菌、感染防止に必要な設備を完備していること。
  • 治療に際しかぶせ物・入れ歯の調整時飛散する細かな物質を吸引できる環境を確保していること。
  • 緊急時に対応できる設備・器具(AED、救急蘇生薬剤など)・体制が用意されていること。


患者さんにとってのメリットは?


「初期むし歯のフッ素塗布が保険で可能」

むし歯の初期にフッ素(フッ化物)を適切に使用することにより、再石灰化作用が促進され初期むし歯は再石灰化して回復します。
当院は「か強診」認定歯科医院として、初期むし歯の管理をおこない、むし歯の進行を可能な限り予防していくことができます。

「歯周病の進行、予防を柔軟におこなうことが可能」

今までは歯周病などの予防については、保険が適応できませんでしたが、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(か強診)に認定された歯科医院では、歯周病の重篤化や再発防止を目的とした予防を保険診療で行うことができるようになりました。

「環境が整った歯科医院であること」

かかりつけ歯科医機能強化型診療所は、衛生体制、緊急時の体制などにおいて高レベルの施設基準を満たしている歯科医院です。





▼診療予約・お問い合わせはこちら

TEL:048-875-6830

TEL:048-875-6830


無料矯正相談御予約はこちらへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加